函南町の注文住宅で必要なこと

subpage01

函南町は静岡県にありますが、富士山のふもとにあることで、観光客が訪れることも少なくありません。
また、函南町は自然が多いため、都会で疲れた人が函南町に注文住宅を建てて住みたいと思うこともあるでしょう。
このような場合は、どこに住宅を建築するかが重要になります。



基本的に平地が少ないところですので、建築する場所は限られていますが、不便な場所でも良ければ比較的建築する場所はたくさんあります。


注文住宅を建築する時のポイントは、周辺の気候について考えることです。もともと日本の住宅というのは、夏の間どのように過ごしやすく生活をするかということを念頭に置いて住宅づくりが行われてきました。

つまり夏向けの注文住宅が多いのです。



ですが最近は、これとは反対に冬に対する対策をたてた住宅が増えてきています。

その一つが高気密、高断熱の住宅になります。
高気密で高断熱の住宅については、基本的に北欧とか北米の住宅をモチーフにしています。
こういった住宅を得意としている業者が増えてきていますが、果たして函南市でこのような住宅を建築する必要があるのでしょうか。
高気密で高断熱の住宅が本当に必要な地域は冬場とても寒いところです。



冬の間に気温がマイナスの日が何日も続くような場所であれば高気密高断熱の住宅は非常に役に立つでしょう。
高いお金を払ってでも建築する価値があるというものです。ですが、函南市の場合は温暖な地域になりますので、そのような住宅は特に必要ないでしょう。